カプセルが乗っているスプーン

ダイアン35は小柄なアジア人女性の体質に合わせて作られた低用量ピルで、特に小柄と言われている日本人女性でも服用しやすいタイプです。海外からのお薬は日本人には強いとよく言われますが、そんな時にも安心して服用できるのがダイアン35になります。そのような人気の低用量ピルですが、同じ成分を使い作用が同じであるジェネリック医薬品も多く存在します。コストを抑えられることが魅力で、使用している人が多いことも特徴です。

低用量ピルのダイアン35の効果は

ダイアン35の効果は女性ホルモンである、卵胞ホルモンと黄体ホルモンに似た成分が、体の中のホルモンバランスを調整してくれます。これにより特に女性の体に起こりやすいトラブルを抑えますし、体内ホルモンが安定することにより、生理痛や不快な症状であるPMSの軽減を期待することができます。また生理の経血量も少なくなり、生理による様々なトラブルを抑えてくれるのが大きな特徴です。生理の日は調整することができ、生理不順の人はサイクルを整えることができますし、イベントや旅行などへ行くため予定日をずらすこともできます。

服用している間は子宮の入り口を狭くする作用があり、精子が侵入できないよう邪魔をします。万が一侵入してしまったとしたら、排卵が起きない作用もあるので結果的に受精をすることはありません。受精する段階まで行ったとしても、受精卵が着床しないように子宮内膜を厚くしない作用があります。様々な段階で妊娠を阻止する働きがあるので、その結果妊娠をしないという結果になります。

また女性ホルモンのバランスが安定し、男性ホルモンが増えがちだった人も分泌が抑えられ、ニキビや肌荒れ・多毛の改善をしていきます。艶があるすべすべとした綺麗な肌になりますし、それにより気分も前向きになるので相乗効果です。女性の体に対して多くの効果があるダイアン35は、婦人科などの医療機関で処方をしてもらうことができます。また海外発の薬は低用量ピルを含め、西洋人の体質に合わせて作られているので、日本人が服用すると作用が強く出るとされがちです。

しかしダイアン35は小柄な日本人女性の体型に合わせた作りになっているので、安心して毎日継続しながら服用することができます。妊娠したい時期になればダイアン35の服用をやめるだけで、妊娠可能な体に戻るのでこれも安心です。副作用として頭痛は吐き気・嘔吐などの不快感がありますが、これは飲み初めだけに起こる症状で、薬が慣れホルモンのバランスが安定すれば症状が治まります。これにより初めの1?2ヶ月の間は継続して服用することができますが、それでも副作用が続く場合は他の低用量ピルに変更することもできます。

ジェネリック医薬品が安い理由は

ダイアン35のジェネリック医薬品には、ジネット35があり、ダイアン35よりもコストを抑えることができます。ジェネリック医薬品は先発医薬品が発売された後、数年から十数年経過し開発されるもので、味が改良されていたり、サイズや形状が改良されていることもあります。服用後に速やかに溶ける仕様になっていたり、錠剤やシートの表示が使いやすく工夫されていたりします。新しい技術を取り入れ先発医薬品よりも、さらに飲み間違いを防ぐ方法や、飲みやすさへの工夫がされています。

先発医薬品と同じ有効成分を配合しているので、ジェネリック医薬品は成分の開発費やそれに伴う広告費などを削減することができます。それによりコストを抑えて製造することができ、購入する側も安く買うことができるシステムです。先発医薬品は研究や開発費への投資額が大きいことや、発売後の一定期間有効性や安全性を評価する必要があるため、それらを加味し高い金額設定になっています。ジェネリック医薬品の有効成分は、先発医薬品の特許期間中で効き目や安全性が確認されているものです。

また、厳しい規制や基準を守りながら開発や製造をされていますが、国の厳しい審査をクリアし同じ効き目や安全性・品質であることが証明されます。そのほかにも販売されてからも定期的に情報を共有したり、情報交換をしていることで安全性が確立されています。そこで気になるのが先発医薬品とジェネリック医薬品の安全性は、同等かということですがどちらも同等に安全なので安心して使用することができます。薬は先発医薬品であっても病気や怪我などの治療をする役割がある一方で、副作用が発生する可能性もあります。このようにジェネリック医薬品が安いことには理由があり、安くて良い品質のものを利用することができます。

ジネット35の主成分は同様で、酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールですが、排卵を抑える効果が発揮されます。万が一排卵しても子宮頸管粘膜の症状が変化するので、精子の侵入が防げますし子宮内膜も変化することにより、受精卵が着床しないという高い避妊効果があります。副作用もダイアン35と同様に少ないとされていますが、主な副作用は頭痛や吐き気・不正出血などが挙げられます。国内では未承認なのでクリニックなどでは処方されていませんが、通販サイトなどでは購入できるシステムになっています。